念願の新築暮らし!

起業時に税理士へ依頼する必要性について

ここで⇒大田区 税理士探しておこう。
個人で事業を始めようと考えている人の多くが抱いている誤解が、
起業時には税理士に依頼しなければならないという誤解です。
開業当初は出来るだけ出費を抑えたいと考えるものですから、
それを不安に感じてしまう人は多いようです。
結論から申し上げますと、税理士に依頼する必要は特にありません。
開業したら、すぐに税務署へ開業届と青色申告承認申請書を提出します。
その他に必要な書類は、税務署の個人課税部門で尋ねると全て答えてくれます。
人によっては、何でも税務署に尋ねて、出費を抑えているちゃっかり者も居ます。
青色申告にすると、開業後3年間は、税理士などによる無料の記帳指導を受けられます。
これを利用すれば、記帳方法なども無料で勉強することが出来ます。
税理士に依頼しなくとも、このように色々な方法で、
税に関する問題を解決することが出来ます。
ですが、税理士の記帳指導などは、通常通り一辺倒の内容にすぎません。
依頼料が非常に安いので、人気のある税理士は応募しないからです。
あくまでも基礎を学べるだけと割り切って利用しましょう。