念願の新築暮らし!

「永代供養」と親の心

最近テレビなどで「永代供養の」コマーシャルをよく見かけます。
結婚しても子供がまだできていない時は、実家の墓も主人の実家の墓も両方しっかり見てゆくつもりでいましたが、子供ができてからは、親の気持ちでお墓の事を考えるようになりました。
私の子供は男子ですが一人っ子なので、行く行くは一人で墓を守っていかなければなりません。
もし結婚できなければ子供も望めないので、代は途絶えてしまいます。
結婚できたとしても、この頃は奥さんの実家近くに住むのが多いようなので、墓参りも億劫になってくるでしょう。
そう考えると、コマーシャルの「永代供養」という言葉にとても惹かれます。
今の内に、私と主人の両方の実家の墓を永代供養の墓地に建て、将来は私達もそこへと考えてしまいます。
少子化の今、誰もが切実に考える事なのだと思います。
息子は「大丈夫、俺がちゃんと守るよ」と言ってくれますが、親としては子供に負担を負わせるのはやはり心苦しいのです。
こちら→→千葉 永代供養詳細が見れます