念願の新築暮らし!

義父の遺骨を有名な都心のお寺の納骨堂に納めました

義父が亡くなり、遺骨をどこに納めるかを悩みました。墓地を求めてお墓を建立しても、女房は一人娘で、いつまでお墓を維持できるかは判りません。
お探しの長崎 霊園はこちらです。
我が家の方は、一族の墓がある墓地に父が生前建立し、父が眠る墓があり、いわゆる両家墓を建立する事もできません。
義母や女房が出した結論は、私達の子供や孫に負担を掛ける事の無いように、都心の有名なお寺の長崎 納骨堂に遺骨を納める事でした。
詳しいことは霊園 長崎市で探せます
少子化の中で納骨堂に遺骨を納める家庭は増えており、納骨の際にお寺を訪れた時も、多くの方が納骨したり、お参りに来られていました。
気になる方は長崎 墓地←をクリック。
ここなら、永代供養で私達の長男に費用負担を掛ける事もなく、距離的にも近いので、お爺さんを思い出せばお参りにも訪れてくれるでしょう。
地方では、無縁仏が増えて墓地が維持できなくなったり、都心では墓地が不足したり、死後の世界も現世の写し絵です。
また、男子の子や孫が居ても、お墓の維持費の負担を掛け続けるのが偲びないと、生前に納骨堂を契約する方まで居られると聞きます。
お悩みの方は長崎 永代供養←からどうぞ
どこに埋葬されても、生ある限りお参りをし、真心を込めて手を合わせたいと思っています。